感想

1/2ページ

【感想】「とはずがたり」を読んで、文化や歴史に思いを馳せたら深い充足感に包まれた。

自分の人生についての「物語」を残す人ってどれくらいいるんでしょうね? 偉人や有名人になればその功績が伝記なんかで遺されるけれど、一般人が物語を遺すってのはなかなか無いことですよね。 しかもその物語が、色んな方の目に触れて「自分が生きてきた証 […]

【感想】映画「天気の子」を見て、ようやく明けた梅雨と夏空にあの子を想う。

今年の梅雨、長かったですねー!! 先日7/31、ようやく関西も梅雨明けとなりました。 どうも、やーさんです。   雨の日に、小さい子を連れて外へはなかなか出かけにくいですよねー。 あぁ、少しだけでも晴れてくれたら良いのになぁー。 […]

【感想】幻想的な祇園祭の宵山に迷い込む。「宵山万華鏡」(森見登美彦)を読みました。

2020年の夏はコロナ禍で、なーんにもイベントが無い空虚な夏となりそうで、なんだか切ないですね。 どうも、やーさんです。   京都の夏と言えば、7月のまるまる一か月をかけて行われる「祇園祭」ですよ! 7/14~17にかけての祇園祭 […]

【感想】楽しいはずの同窓会で起きたのは事故?事件?「扉は閉ざされたまま」を読みました。

大学時代の友人との同窓会を開いて、一晩中くだらない話をして酒を飲みたいなぁ。 どうも、やーさんです。   さくっと、読んだ本を記録しておこう!!ということで、 今回読んだ本はこちらー!!   「扉は閉ざされたまま」 &n […]

【読んだ】セブンイレブンの元会長「鈴木敏文の実践!行動経済学」を読んで響いた言葉5選!!

どうもー、やーさんです。 ちょっと前に知人が「行動経済学っておもしろいんだよー」って言ってたので、「ほーん。ちょっと興味あるし、図書館行ったら探してみるかー。」と思ってて、ちょっと目に留まった本に手を伸ばしてみました。 それがこの本!! ド […]

【読んだ本】 「嫌われる勇気」はアドラーの言葉も良いけど、「青年」がほんと良い味を出しているよね!

先日の日記でも書いたんですが、「嫌われる勇気」という本を読みました。 古賀史健氏と岸見一郎氏の共著で、「アドラー心理学」の素晴らしさを説いた本です。     アルフレッド・アドラーはフロイトやユングと並ぶ心理学者です。オ […]

福井県名物羽二重餅にまで「生」があった!!ツッコミどころ満載のマエダセイカの生羽二重餅がめっちゃ食べにくくて最高に美味しい!!

どうも! スイーツ食べるときに「和」と「洋」が用意されていたら、8割方「和」を選ぶでおなじみのやーさんです。   先日、石川県に旅行に行った際に、帰りによった福井県のサービスエリア(南条SA)で、おもしろい商品を見つけました。 & […]

【感想】絢爛豪華な世界に蠢くミステリー!?「烏に単は似合わない」を読みました。

楽しそうに長琴を操る体全体から、夏を迎えた喜びが感じられる。 思い起こされたのは、清らかな山の湧水であった。あせびの指、一本一本が絃を弾く度に、冷たく、玉のような透明な水が、こんこんと湧き出てくる錯覚を覚える。 きらめく雫に、夏の光が反射す […]