福井県名物羽二重餅にまで「生」があった!!ツッコミどころ満載のマエダセイカの生羽二重餅がめっちゃ食べにくくて最高に美味しい!!

福井県名物羽二重餅にまで「生」があった!!ツッコミどころ満載のマエダセイカの生羽二重餅がめっちゃ食べにくくて最高に美味しい!!

どうも!

スイーツ食べるときに「和」と「洋」が用意されていたら、8割方「和」を選ぶでおなじみのやーさんです。

 

先日、石川県に旅行に行った際に、帰りによった福井県のサービスエリア(南条SA)で、おもしろい商品を見つけました。

 

もうパッケージを見た瞬間にトリコですよ。

 

そして手に取ってみると、やたらズッシリきやがる!!!

 

「こ、これは買うしかない!!」

ごくりと生唾を飲み込み、レジへと直行しました。

 

ぼくをパッケージだけでトリコにした和スイーツ。

 

それがこちらーー!!!

 

Advertisement

 




 

マエダセイカ 「生羽二重餅」!!

 

はい、もうパッケージの情報量が多過ぎて笑ってしまいます。

 

デザインと言葉選びのセンスよwww

 

ちょっと情報を整理してみましょうね。上から見ていきましょう。

 

 

「大本山永平寺御用達」

おおぅ、いきなり権威性を発揮しております。

永平寺と言えば、福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗の寺院で、横浜にある總持寺と並ぶ日本曹洞宗の中心寺院ですよ。

そんな大本山が用達にしている、由緒あるお菓子屋さんが作っているんですねぇ。

この一文があるだけで信頼性がグッと引き上げられますね。

そして金文字の「PREMIUM」が特別感を強調しています。

 

「今までにない特別な”もちもち感”と”最高の甘さ”を」

あーはいはい。あるね。

「今までにない」とか「感じたことのない」とか「新食感!!」っていう煽り文句。

 

けど、だいたいあるんですよねー。そこはあんまり信用できないんですよねー。

「あんたら開発者さんは知らないかもしれないけど、こちとら消費者側はもう知ってるぜ?」

的なね。

 

まぁ、今までにあろうがなかろうが、「もちもち感」は大好物なので、ありがたく頂戴することにしますよ、えぇえぇ。(←何様だよ)

 

あと「最高の甘さ」っていうのもいまいちピンと来ないよね?

 

めっちゃ甘いの?ほど良い甘さの具合が絶妙で最高なの?

安易に「最高」とか付けてんじゃないわよ、まったく。

 

まぁ、どんな甘さであろうが甘い物は大好物なので、ありがたく頂戴することにしますよ、えぇえぇ。(←だから何様なんだよ!)

 

ってかその下の図解よ!!

「食べにくい新触感」って何!!??

 

他にも書き方あるでしょうよ!?

 

絵を見るとへらですくった生羽二重餅が、めちゃくちゃ伸びてます。

食べにくいってことは、もちもちというか、ねちゃねちゃなのかな?

それにしても、そんな自虐的な紹介初めて見たわ!!

これは今までにないわーーー!!

気になり過ぎて食べてみたくなっちゃう!!

ねぇ!?そうでしょ!?

 

 

ふぅぅ、落ち着いて、、、もう一度画像を貼って、と。

 

いや、、気になるところ多過ぎて全部書いてたらとんでもなく長い記事になっちゃうから、みんなそれぞれで見て笑ってくれたら良いんですけどね。

・・・ですけどね。

もういくつかツッコんでおかないと気が済まないので書かせてね。

 

あのさ、うんとさ、、メーカー名を記載する時って、だいたいロゴマークと社名がドン!ってあってかっこいい感じにするじゃないですか?

 

ところがどっこい!こいつときたら

「福井名物 羽二重餅の古里 マエダセイカです。」

 

だってよ!!

アイドル気取りの転校生が、黒板前で先生の横に立って言い放つ自己紹介かよっ!!

途中で☆マークとか付けて「キラッ☆」な感じとか出しとけば良いよっ!!

「遅れちゃう!遅れちゃう!!」って言いながら、焦げかけのトースト咥えて登校路を走ってって、曲がり角で主人公キャラとぶつかってしまえ!!

 

マエダセイカちゃん・・・。なかなかかわいい子な気がしてくるから不思議ですねー!!

そうですねーー!!!

 

 

その左側の細かい商品説明ももうツッコんでくださいと言っているような内容ですね。

 

まず生きた羽二重餅って何!?

生もの(なまもの)って書いて生物(いきもの)みたいなノリなのっ!?

「短命です」って書いてるからそういうことだよねっ!!?

 

そして、またもや「とても食べにくい特別な商品です。」ってデメリットをガッツリ前面に押し出しやがって!!

開き直り方が半端ないよっ!!

 

 

極め付けが周囲をぐるりと囲んだ赤ライン上のキャプション!

上から見ていきますよ。

 

「やわらかいお菓子ですので水平にお持ちください。」

 

うんうん!良くわかる!!すごく真っ当なことが書いてある!!

伊勢名物の赤福餅買ったときにもレジのスタッフさんに言われるもんね。

「大変柔らかくなっておりますので、水平にお持ちください。」って。

これに関しては素直に聞き入れましょう。

 

 

次!!左側っ!!出てこいや!!

生きた羽二重餅はなるべく早くお召し上がりください。開封後は冷凍保存がおすすめです。(冬眠します)」

 

はぁぁぁ!?来たよ。こういうノリのやつ。

最後の(冬眠します)って何だよーーー!!!???

えーーー??

 

クマなの?カエルなの?生羽二重餅なの?何なの?!

 

上の冬眠に対してのアンサーとして次が下側のこれですよ。

「食べられる時は常温に戻してから召し上がるのがおすすめです。(眠りから目覚めます)」

 

はっはーー!!なんか腹立つ!!

前半は良しとしましょう。何も変なこと言ってないですからね。

おすすめの食べ方を教えてくれて、ありがとう!!ですよ。

 

問題は()内。

(眠りから目覚めます)

 

はぁぁーーーー!!?

眠り姫なの?白雪姫なの?生羽二重餅なの?何なの?!

 

目覚めた瞬間食べられちゃうんだから、本人(?)からしたら迷惑な話だよね!!?

それなら寝てる間に食べちゃってよ!!的なさ!!

はっ??何の話してんのっ?!(錯乱)

 

 

最後!!右側出てこいやっ!!

 

「生羽二重餅を皆さんで分けあい食べることで人と人とのつながりを深め心の距離が近づくかも。」

 

あ、うん。

そうね。

こんなにも心が荒んだ現代社会。

一つのものを、優しさに満ちた心でみんなで分け合う。

慈愛と友愛に満ちた、そんな世界を取り戻さなくてはいけないのよ。

みんな同じ地球という星に生まれ落ちた命だもの。

仲良くしましょうよ。

さぁ、この生羽二重餅を分け合って、いただくことにしましょう。

かつての人と人が心を結んでいたように、あなたとわたしの心を繋ぐの。

この、最高の甘さを湛えた、とても食べにくいもちもち新触感の生羽二重餅で。

 

 

って、なんでやねーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!

 

なんでやーーー!!

 

なんで、なんか壮大っぽいメッセージをそんなところに込めてんねーーーーーん!!!

 

しかも何で最後「近づくかも」で終わってるんやーーー!!!

微妙に責任を放棄するような、「かも」要らんやろがいっ!!!!

「近づきます」って言いきってくれよ!!!そこは!!!

 

某米国のような訴訟王国やないんやから、心の距離近づかんかったって誰も訴えへんからさー!!!

 

あーーー!!もうーーー!!

 

こんなツッコミだらけのフタなんてポイッやーー!!!

中を見せんかいワレーーー!!!

 

おーーーーーーーーーーーーぷん!!

ドン!!!

はい、シンプル!!

しかし、ヘラが2本入ってるのは高評価ですよ!!

また赤福餅を引き合いに出しますが、あちらはヘラ1本なんですよね。

子どもと分ける時とか、大人と子どもで使うヘラ分けたいんですよね。

(虫歯菌とかのアレで。)

 

なのでヘラが2本入ってて、「おっ。良いねぇ、マエダセイカちゃん!」となるわけです。

 

さぁ、なるべくくっ付かないように、ボツボツに加工されたシートを剥がして、、、

 

ヘラをザクッーーーーー!!!!

ピーーーーーン!!と直立不動ですよ!!

こいつはすごいぜ・・・・。なんという粘着性と弾力。

 

 

すくうように持ち上げてみましょうか・・・。

うおぉぉぉぉぉーーー!!!

パッケージの図解と全く同じ!!

嘘偽りなく、めちゃくちゃ伸びるーーーー!!

こいつ、伸びるぞぉぉぉぉぉ!!!

 

そのままお口へ!!

パクっ!!

 

う、うまい!!!!!!

ねちゃねちゃしてて確かに食べにくいけれども・・・!!!

こいつ、めちゃくちゃうまいやないかっ!!!!

 

最高の甘さってこういうことか。。。

何とも上品で、口の中全体にじんわりと優しく広がっていく甘み!!!!

何口でも飽きずに食べたくなってしまう、癒しの甘さ!!!!

シンプル イズ ベスト!!!

甘さ以外に余計な味はなく、ただただ甘みを感じます。

かと言って物足りなさは全くない!!

完成されている最高の甘さ。

はぁぁぁぁぁん、恍惚・・・!!

 

 

気付けば、家族4人とも我先にと取り合いになり、あっという間に残り半分以下に・・・。

 

一日で食べきるには勿体ないな、ということで箱に書いてあったように冷凍してみることに。

 

1日冷凍庫へ入れて、冬眠させてみました。

 

 

変わり果てたその姿がこちら↓

 

し、白うなってもうてる。。。

「おい!!!大丈夫か!?」

「生きてるかっ!!?帰ってこい!!」

「しっかりしろ!!みんなが待ってるぞ!!」

 

と強く呼びかけて起こしにかかります。

 

心配しながらも、白くなってるところを試しに切り取って・・・

パクッ!!

うん・・・これはこれでうまい。

まったく粘着性がなくて、ほどよい固さと弾力性を感じる。

味はそのまま甘くて、冷たくて、何より食べやすい。

うん、普通にうまい。うまい。うまい。(どんどん減っていく。)

 

 

とは言え、ちゃんと目を覚ますのかを検証するために、常温の部屋に置いて1時間。

すると、白かった部分も元通りになって、また元通りの粘着性を取り戻しました!!

 

「良かった!!目覚めた!!お帰りーーー!!!」

「はぁ、、、嬉しいよ。もう会えないかと思ったんだから!!!」

「心配かけやがって、この、ばかっ!!」

 

生きてまた会えた感動に涙を流しながら・・・・

 

パクッ!パクッ!!パクッ!!!

 

数分で完食ですよ。

 

はい、すんごく美味しかったです。

 

ありがとうございました。

 

また出会ったら必ずリピートします。

 

マエダセイカさんのHPなどを見てみると、なんとクルミ入りも出ているそうで、それもかなり美味しそうです!!

 

検索したら、こちらから↓も買えるそうです!!

気になる方はぜひ、一度ご賞味あれーーーー!!!

 

 

 

賞味期限が短いから要注意です!!

最高の甘さと、食べにくい新触感を皆さまもぜひお楽しみください!!

 

ツッコミ始めたら変なテンションになって、えらく取り乱してしまいました!!

失礼しましたーーー!!

 

ではでは!!またどこかで!!

 

 

やーさん

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が気に入っていただけましたら下のボタンから共有お願いします!