【旅行記】石川県へ温泉旅行!!その3~飛行機好きなら行くべき!!小松の航空プラザで遊んだよ!!の巻~

【旅行記】石川県へ温泉旅行!!その3~飛行機好きなら行くべき!!小松の航空プラザで遊んだよ!!の巻~
Advertisement

さぁ、南条SAを出発して、ナビに従ってこのまま行けばチェックインの1時間前にはホテルに着いてしまうなぁという時間。

 

せっかくならどこかで子どもたちを遊ばせてあげよう、ということで、助手席の奥さんが検索して見つけてくれたのがここ!!

【石川県立航空プラザーー!!】

駐車場側の壁面には大きなイラストが描かれています(若干色あせているとか言わない)。

 

空は見た通りどんよりと曇り空で、外だといつ雨が降ってくるか分からなかったので、室内で遊べる場所という条件で来ましたが、ここがとても楽しい場所でした。

しかも、なんと入館無料!!!

子育て世代には何ともありがたい!!

 

さぁ、では航空プラザの魅力の一端を写真付きでご紹介していきましょう!!

 

まずは基本情報です。

【名称】石川県立航空プラザ

【所在地】〒923-0995 石川県小松市安宅新町丙92番地(小松空港前)

 

【休館日】年末年始(12月29日~1月3日)

【開館時間】9:00~17:00

【入館料】無料(シュミレーターは有料)

概要】飛行機の歴史やしくみ、飛行の原理などを、写真やパネル、簡単な風洞装置、総数約300の模型飛行機やレプリカなどを使ってわかりやすく説明しています。超小型レジャースポーツ機から自衛隊のジェット戦闘機まで17機の実機を展示しており、見るだけでなく直接ふれることもできます。小型飛行機からジェット戦闘機まで揃った日本海側唯一の航空資料館で、見てさわって聞いて航空文化を体感できる施設です。2012年4月には国内最大級の飛行機型屋内大型遊具を備えた子どもたちのためのプレイランド「ぶーんぶんワールド」が誕生。「ぶーんぶんワールド」は開設当初から大人気で、当館は天候や季節に関係なく親子で楽しめる施設に大変身しました。

(航空プラザHP https://www.transport-pf.or.jp/norimono/museum/ikp/ より引用)

 

まず、いきなりですよ!!

正面玄関前にどーーーーんと黄色い飛行機と大きなヘリコプターがあります!!

海上自衛隊の文字が光る黄色い機体。かわいいカラーリングですよね。

 

そしてこちら!!↓

なんと、こちらの対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)は中に入れます!!

操縦席に座れるんですよ!!

やっばい!!これは男の子テンション爆上がりですよ!!

 

ふぅぅうぅうぅーーー!!!!!

全然見方も意味も分からないけど、この計器類の集合体を見ると血が沸きます!!

それが男の子ってもんでしょう!!笑

 

30オーバーだろうが、幼稚園児だろうが保育園児だろうが関係なく、心の底からワクワクドキドキしました。

 

まだ、館内に入ってすらいないのに、もうテンションはMAXです。心はもう大空を舞っています。

 

次の方が待っておられたので、操縦席から息子たちを何とか引っぺがして館内へ。

 

玄関を入ってすぐの1Fスペースは小さい飛行機に乗って記念写真が撮れるスポットと、インフォメーションカウンター、トイレ、売店、喫茶スペースがありました。

順路を逆走すれば、1Fの奥に広い遊具&実機展示スペースがあるようです。

 

順路としては階段を上がって2階へ向かいます。

 

階段を上がったちょっとしたスペースに簡易に作られた授乳部屋もあり、おむつ替えもそこで出来ました。

こういうスペースを用意しておいてくれているのは本当にありがたいですね。

 

さぁ、2Fには飛行機の歴史を余すことなく学べる展示がたくさんあります。

 

「飛行機の開発に成功した人」と聞くと、初めて動力飛行に成功した「ライト兄弟」くらいしか名前が浮かびませんが、実際は数多くの人が「人が空を飛ぶ」という夢を追いかけて尽力したそうです。

↓の画像を見るだけでも色んな国の人が人生を掛けて、飛行機開発に力を注いだんだということが分かりますね。

 

 

古代エジプト文明で描かれた翼が生えた神の姿や、ギリシャ神話のイカロスの蝋で固めた翼などの話から始まり、数々の試行錯誤を繰り返した人類の空への挑戦、そして最新型の飛行機の詳細に至るまで、人類が一歩一歩と歩んできた歴史が、一日あっても読み切れないほどの膨大な量で展示してあります。

 

大人はそれらにじっくり目を通して、「へぇぇーー!そうなんだー!!」と感心しながら楽しめますが、子どもたちはなかなか文字を見てお勉強とはなりません。

 

それでも↓のような昔の飛行機の原型のような模型を見て、目を輝かせて楽しそうにしていましたよ。

 

 

展示室はとても広いです。下の画像の部分だけでも全体の5分の1程度でしょうか。

壁面に飛行機の歴史がずーっと展示されていて、中央スぺ―スにはガラスケースに入ってたくさんの模型が展示されています。

 

戦争に使われた機体、防衛の要である戦闘機の模型も数えられないくらいありました。

平和な世の中であれば不要なものであり、本来であれば忌避すべき物なのかもしれませんが、それでもこういった飛行機に惹かれてしまうんだから不思議ですよね。

単純にかっこいいー!!と思ってしまいます。

 

宮崎駿監督の「風立ちぬ」を思い出しながら、色んな機体をゆっくりと見ていました。

それぞれの機体に、作った人、乗った人、待ち続けた人、色んな人の想いが乗っかってるんだろうなぁとか、しみじみと。

 

 

 

展示で「ユンカース」の名前を見つけた時は、「風立ちぬ」の中で二郎がドイツのユンカース機を見学している場面がありありと蘇ってきて、何だかニヤニヤしてしまいましたね。

 

あと、2Fには1回200円で遊べるフライトシミュレーターが3台ありました。

息子たちを膝の上に乗っけて一緒にやりましたが、離陸、旋回、着陸と操作して全部で5分くらいのフライトを楽しみましたよ!

 




 

さぁ続いて、子どもたちにとっては1Fがメイン!!といっても過言ではないほどに充実した広い遊具スペースに行ってみましょう!!

基本情報にもあったように2012年4月にできた「ぶーんぶんワールド」です。

国内最大級の飛行機型屋内大型遊具を備えた子どもたちのためのプレイランド!!

 

はい、どーーーーん!!

大型の遊具は、よく見ると飛行機の形をしているんですねー。

子どもたちが元気に走って登って滑ってと暴れ倒していますよ。

あと、初めて見たこんな形のトランポリン(?)系遊具もあって、小さい子から大きい子まで楽しそうに遊んでいました。

この遊具の斜面をごろごろ~って転がってくる我が息子が超絶かわいいのです!!(親ばか)

 

子どもたちが遊び倒している間、親は子どもたちの見張り役を交代制にして、飛行機の実機展示を見て回っていました。

 

模型と違って大きな実機が間近で見れますからね。

それはそれはすごい迫力ですよ!!

 

エンジンルームって言うのかな?そんなのも開けられていて見ることができます。

中が見れるのって、なぜか分からないけどテンション上がりますよね!

 

いくつかの戦闘機の横には階段が用意されていて、操縦席を覗き見ることができます。

「索敵」の文字とか見ると震える。

 

機体の真裏に立って、こんな景色を見ることもできます!!貴重な体験!!

 

1Fには2Fの物よりも更に本格的なフライトシミュレーターがあり、予約制で500円でした。

今度来ることがあれば、こっちにも挑戦してみたいな!!

 

ぶーんぶんワールドを出た先にある売店には、ブルーインパルスのTシャツがたくさん!!

他にも様々なグッズが売ってありましたよ。

 

なんやかんやと1時間以上楽しんで、子どもたちは汗だく。

大人もとっても楽しめた航空プラザでした。

何といっても無料なのがすごい!!!

子ども連れで石川旅行に行かれる方にはめちゃくちゃおすすめですよー!!!

 

さぁ、たくさん走り回らせて子どもたちも良い具合に汗をかいて、次こそ温泉だ!!

お風呂に入って癒されよう~~~~!!!

 

続きます。

↓↓↓