【日記】2020/10/13 栗の皮むき、月曜から夜更かし。

【日記】2020/10/13 栗の皮むき、月曜から夜更かし。

秋の味覚、栗。

ほくほくとした食感。

ほんのりと優しい甘さ。

黄色い瞳でこっちを見つめてくる君はかわいい田舎娘。

鉄壁のイガイガに守られていないで、その褐色の肌をぼくに見せておくれ。

 

・・・寝不足で頭が変な方向へぶっ飛んでるようです。

 

寝不足の原因は「栗仕事」。

親指が数日間再起不能なくらいのダメージを負っています。

 

というのもですね、先日土日休みだったので久々に実家に帰省したんですよ。

で、姉夫婦も実家の近くに住んでるんですけど、そこには田んぼや野菜畑に加えて柿の木や栗の木も植わっている林があってですね。

ちょうど栗がたくさんなってるから「栗拾いにおいで~」とお誘いを受けたんですね。

 

わぁお!!栗が無料で採り放題!!!最高やーん!!

と喜び勇んで、子どもたち連れて行ったわけですよ。

 

日曜日の午前中に栗拾い。

台風一過で天気も快晴で暑いくらい。

青空の下、鬱蒼と草が繁る林の中でトングを使って栗を拾っていきます。

 

 

青々としたイガの中に寄り添うように実を結んでいる立派な栗たち。

ん~、かわいいですねぇ。

 

3つまとめてトングで挟んでGETしていきますよー。

こうやって見ると、真ん中の子って窮屈に育ってますね・・・。

威張り散らす上司と、自分の権利の主張だけは激しい部下に挟まれストレスでやせ細る中間管理職のよう・・・。

あかんあかん、なんちゅうことを考えてるんや。

 

 

手の平に置いてみるとめちゃくちゃ立派な大きさだと分かりますね。

スーパーとかでこんな大きさの栗が売ってあるのは見かけないよ!ってくらいの大きさ。

スーパージャンボサイズ!!

こんなのがごろごろ落ちてます。

 

実を抜いたイガはこうして集めておくんですけど、すごい量になりました。。

何だか大量廃棄されたタワシに見えてきた・・・。

 

もう姉夫婦も実家の母も十分過ぎるほど栗の在庫があるとのことだったので、とりあえず採り逃しがないように嬉々として栗を拾い続けて・・・

気付けばとんでもない量になってました。

中サイズのビニール袋にギリギリ入るか入らないかくらい。

 

 

ここでハタと気づくわけですよね。

 

あ、、、栗って処理が大変なんだよね、、、。

って。

 

 

家に持ち帰って、ひとまず水に浸けて選別を。

家で一番大きい寸胴に入れてもいっぱいいっぱいです。

 

浮いてきた物は虫食いなので、捨てますよー。

結果、虫食いは3ヶだけでした。

こんなにいっぱいの中でたった3ヶ。

優秀優秀!!

 

そして日曜日の夜に一晩水に浸けておいて。

 

月曜日の20時から戦闘開始です。

やーさんVS大量栗の無制限一本勝負!!

 

何を持ってして一本勝負なのかよく分からないのはさておいて。

 

栗を器に入れて水をひたひたに張り、レンチンしていきます。

 

少しだけ柔らかくなった鬼皮に包丁を入れて皮をべりりっと剥がしていきます。

ここまで剥がれたら後は手でべりべりと剥いていきます。

案外気持ち良く剥けてくれます。

 

 

 

30分あれば20ヶくらい剥けたかな。

なーんや、結構楽に剥けるやん。よゆーよゆー。

 

ってこの時は思っていました。

 

21時になったので一旦作業を中断して、子ども達を寝かしつけます。

一緒に寝落ちしてしまうのを何とか堪えて、22時に作業再スタート。

ちょうど地元の友人から悩み相談の電話が掛かってきたので、電話しながらどんどん栗を剥いていきます。

 

20ヶ程度を剥いては新しいロットをレンチンして、ひたすらに皮を剥く作業。

電話しながらじゃなかったら早々にほっぽり出してたと思います・・・。

 

途中から友人との悩み相談は爆笑雑談に移り、深夜のテンションも手伝って

「ほらぁ~、かわいい栗ちゃんだね~剥いちゃうよ~ぐhじぇへっへいえひえいh」

と何だかよく分からないことを口走っていたのが日付変更線を跨ぐちょっと前のこと。

 

友人との電話も0時でお開きにして、手元に残っている栗を眺めるとまだ2/5ほどあるじゃない。。。

こんなに頑張って手を休めることなくやってきたのに、まだこんなに残ってるの!?と途方に暮れたぼくがそこにはいました。

 

 

深夜のTwitterに助けを求めたって、何も起こりやしない。

いいね!の通知音がたまに響くだけ。

いいね!じゃないんですよ。

 

 

誰か、助けてよー!!!

いやだよ!

何でなんだよ!!

何でこんなに栗を拾ってきたんだよ!!!

 

とシンジくんの声真似をしながら叫んでも、誰も助けに来てはくれません。

 

 

痛む両親指を何とか動かして、暇つぶしにYouTubeを見ながら作業をしていきます。

 

そしたら衝撃ニュースですよ。

 

え?フィッシャーズのぺけたん謝罪動画!?

活動休止!?

何したの!?

あーーー、ファンの子を?無理やり?マジで?

あぁあぁ・・・そりゃあかんわ。

 

ファンの子の甘栗むいちゃあかんわー(意味不明)

created by Rinker
クラシエフーズ
¥1,313 (2020/10/28 15:19:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

なんだかんだ、その後1時半まで黙々と栗を剥いていましたが、ついに限界。

 

 

「もう…無理」と打とうとして「もう…くり」(確信犯)と呟いて、残り1回分(約20ヶ)を残して気絶、就寝。

 

 

結局本日の朝、さんぽから帰ってから作業の続きをして何とか栗仕事おしまい!!

見て!!この量!!!

でっかい丼バチに山盛りですよ。

 

こんなに栗を剥く日が来るとは思いもよりませんでしたよ。

一晩で栗剥きのスキルLv.が一気に8くらい上がりましたね。

 

言うてこれ、鬼皮を剥がしただけなんで、渋皮を取るとなるとまた一苦労ですね・・・。

とりあえず、このまま調理できるので、甘くて美味しい渋皮煮を作ろうと思います。

これまた何度も湯でこぼししなきゃいけないから大変なんですよねー。

けど、苦労した分美味しくいただけるってもんですよね!きっと。

 

残った分は冷凍してまた何か料理に使いましょうねー。

 

はぁぁ、、それにしても親指痛いや・・・。

そして寝不足で超眠い・・・。

お疲れ様でした。

 

ほな、またね。

 

 

やーさん

最後までお読みいただきありがとうございました!
この記事が気に入っていただけましたら下のボタンから共有お願いします!

ブログ村に参加しています!

↓をポチッとしていただけるとうれしいです!!

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


やーさんブログ - にほんブログ村