【日記】2020/1/5 アドラー心理学との出会いと、風邪っぴきの仕事初め。

【日記】2020/1/5 アドラー心理学との出会いと、風邪っぴきの仕事初め。
Advertisement

気付いたら明けておりました2020年。

どうも、やーさんです。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

いやはや、色んなことがあった令和元年=2019年を振り返ることもせず、2020年への目標を掲げることもなく、1/5を迎えてしまいましたよ。

 

年末年始9連休の皆さんは、明日からの仕事初めに向けてどんな心持ちなのでしょうか。

ふっふっふ。

ぼくは1/4の土曜日が仕事初めでして、なんとも意地悪な会社だなぁと思いながら働いてきましたよ。

何なら年末の12/28の土曜日が仕事納めでしたからね。

いやいや、どっちの土曜日も休みにしてくれたら良いのに・・・・と思っておりましたよ。えぇ。

 

まぁ、サービス業に従事している方たちは年末年始の連休すらないってことを考えると、6連休だけでもありがたいことですし、土曜日出勤という少しゆったりとしたスタートで怠けた体と頭を再始動させることができたというのも考えようによっては良いことなのかもしれません。

 

この世の中に起こる事象の良し・悪しなんてものは全て自分の見方・感じ方によるものなんですよね。

何事も少しだけポジティブに捉えていこう。うん、そうしよう。

 

と、自分を納得させてはおりますが、なんと仕事初めの日から体調が絶不調(泣)。。

この【日記】も以前にアップしたのが2019/7/7(期間空きすぎ・・・)で、その時も体調崩していました。。

いや、体調崩した時にだけ日記書くとか、そんなのではないのですが・・。

 

今回は尋常ではない喉の痛みと微熱。

たぶん正月に初詣に行った際に人ごみの中に埋もれてしまい、その時にもらったのかと。。

初詣以外は特に人の多いところにも行かずに、食っちゃ寝、食っちゃ寝、食っちゃ寝の生活でしたからね。

御利益いただく前に風邪もらってきちゃダメですよねー。とほほ。。

 

まぁそれでも「塞翁が馬」ですよ。

こうして風邪をひいたことによって家族サービスをするべき日曜日に「寝といて良し」という免罪符が発行され、久々に本もゆっくり読むことができましたし、こうしてブログを書くことも出来てます。

ありがたや、ありがたや。

風邪が治ったら、しっかり恩返ししようと思います。

 

 




 

 

さて、年末年始を振り返ってみると、大晦日は紅白を見ることもなくいつも通り21時頃に子ども達と一緒に就寝。寝かしつけた後に起きてきてカウントダウンしようと思っていたのに・・・気づけば年を越しておりました。

 

元旦は早朝5時半頃から散歩に出て、初日の出を見てきましたよ。

 

ただただいつもと同じく陽が昇るってだけのことなのに、人が定めた暦の初日に昇る陽ってだけでありがたく感じるんだからおもしろいものです。

何だって意味付け一つでこの世界は良いようにも悪いようにもなりますねー。

 

でも、今年の初日の出は本当に美しかったんです。

正に洗い立ての太陽が遍く世界を照らし出すといった感じ。

たくさんのパワーを貰えた気がします。

ありがたく受け取っておきましょうね。

 

あと、特筆すべき点として、今年は明けて早々に本を2冊読むことが出来ました。

「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」という本です。

 

 

人生を生きやすく、そして幸せにするためのアドラー心理学による自己啓発本です。

 

以前にTwitterで仲良くさせてもらっているねこまにあさんがオススメされているのを見かけてから気になっていて、機会があれば読みたいなぁと思っていたんですよね。

 

ねこまにあさんの「嫌われる勇気」の分かりやすいまとめ記事はこちら↓

 

1/3にブックオフに行ってみたらあったんですよね。

しかも年始セールで20%OFF!!

これは今しかない!と思い、買ってさっそく読んでみました。

 

どちらの本も、冷静沈着な「哲人」と、人生に悩みを抱えた「青年」の対話を通してアドラーの思想を読み手に分かりやすく伝えてくれます。

対話ベースの物語って読みやすいですよねー。

内容的にも目から鱗が落ちることが多く、どんどんページをめくってしまい、気付けば3日間で2冊とも読んでしまいました。

こんなに集中して本を読んだのって久しぶりな気がします。

 

普段は読書の時間もままならない自分からすると、このハイペースはすごいことですよ。

それほどまでに、本の内容に没頭してしまったんですよね。

 

 

本の内容はまたゆっくりと咀嚼、消化してまとめたり、自分なりに生活に落とし込んで実践してみた結果なんかも記録していけたらいいなとも思います。

インプット→アウトプットをしないともったいないですからねー。

しっかりやるんだぞ、自分!!

はい!!

 

ということで、新年1発目の記事はなんということもないただの日記でしたが、それでも書き始めると何だか楽しいですね。

今年もブログは「楽しんで」続けていければと思います。

誰のためでもなく、自分が残しておきたい気持ちの置き場としてや、色んなモノやコトとの出会いの記録の場としても活用できれば良いなっと。

 

今回読んだ「嫌われる勇気」にはたくさんの気付きがありました

その中で出てきた、強く感銘を受けた一文を最後に紹介して、新年1発目の記事を締めたいと思います。

 

「誰かが始めなければならない。他の人が協力的でないとしても、それはあなたには関係ない。わたしの助言はこうだ。あなたが始めるべきだ。他の人が協力的であるかどうかなど考えることなく」。

引用:「嫌われる勇気」(岸見一郎・古賀史健)P.212より

この言葉を胸に、何事に対しても主体的に動ける一年にしたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げますー。

ではではー。

 

 

やーさん

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が気に入っていただけましたら下のボタンから共有お願いします!