阿部智里

【感想】絢爛豪華な世界に蠢くミステリー!?「烏に単は似合わない」を読みました。

楽しそうに長琴を操る体全体から、夏を迎えた喜びが感じられる。 思い起こされたのは、清らかな山の湧水であった。あせびの指、一本一本が絃を弾く度に、冷たく、玉のような透明な水が、こんこんと湧き出てくる錯覚を覚える。 きらめく雫に、夏の光が反射する。 瑞々しい輝きに、しなやかに体を広げる若葉は、喜びの声を上げるのだ。 身の内 […]